×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本サイトについて

ネフローゼ症候群とは腎臓疾患の総称だそうで、主な症状としては高脂血症(高コレステロール血症)・低蛋白血症・高度な蛋白尿・浮腫などで、
幼少期では特に男の子がかかりやすく、30代の男女でも多数発症例があるらしいです。

治療にはステロイド剤を使用しますが、食事制限や安静にするなど家族の協力も必要ですね。



ネフローゼ症候群とは

ネフローゼ症候群とは腎臓で血液から不要な物を濾過して尿にしていく過程で何らかの原因により、蛋白の濾過がうまくいかなくなり、蛋白を尿中に捨ててしまい、血液中の蛋白が極端に減ってしまう腎臓の病気です。
ネフローゼ症候群の主な症状はむくみ、高脂血症、低蛋白血症、高度な蛋白尿です。

原発性糸球体疾患による一次性ネフローゼ症候群と続発性糸球体疾患による二次性ネフローゼ症候群の2つに分類されていて、一次性ネフローゼ症候群の成人の占める割合は、70〜80%です。
むくみが起こるのは血液中のタンパク質が流出するので、血液中の浸透圧が減少し、細胞との浸透圧に差ができ細胞に水分が移動していくためです。

年齢が5歳頃の幼少期の男子に多い小児ネフローゼ症候群では、その約80%は微小変化型ネフローゼ症候群と呼ばれるものです。この場合、副腎皮質ステロイド薬による初期治療に良好に反応するステロイド反応性ネフローゼ症候群です。そのため副腎皮質ステロイド薬を使って治療するということになります。効果は約7割の人に現れるようですが、再発しやすいともいわれています。
手足やまぶたにむくみが出たり、検査で蛋白が出ていたりしてネフローゼ症候群が疑われる場合は、迷わず子どもは小児科、大人は内科か腎臓内科を訪れましょう。


腎炎・ネフローゼ

ネフローゼ
ネフローゼ症候群になったら
ネフローゼ症候群は完治するか?
ステロイドパルス療法とは
ネフローゼ症候群の食事療法
小児ネフローゼとは
リンク
リンク集1

運営者情報

当サイトはリンクフリーですが、以下にあげるような内容のサイトはお断りします。

・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

【お問い合わせ】
「ネフローゼ症候群について」
ovul1@yahoo.co.jp

プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康維持