×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カイロプラクティック

カイロプラクティックと整体はどう違う



カイロプラクティックは元々アメリカで始まった整体といえるもので、脊柱を中心とした骨格を矯正することにより自然治癒能力を高めようとするもので、背骨や首の骨に歪みがあるのをサブラクセーションと呼び、その歪みをただすのをアジャストと呼んでいます。

整体というのは、日本の古来または中国からある文字通り体を整える手法で、さまざまな流儀があり、一般に筋肉や神経などの体のバランスを整えることにより、本来人間が持っている自然治癒能力を高めようとするものです。ごくおおざっぱにいうとカイロプラクティックは骨、整体は筋肉をおもに見ていると言えるでしょう。

どちらも一長一短があり、その人も好みによるところもあります。日常生活で肩こりや腰痛などの不具合がおこると、カイロプラクティックや整体、リラクゼーションサロンなどに通いますが、友人からの紹介やフリーペーパーなどの広告を見て訪問することが多いようです。

いろいろなテクニックのあるカイロプラクティック


カイロプラクティックといってもさまざまな方法があります。一般的に知られているのはディバーシファイドという方法で腰椎や頚椎というところをねじる様な動きや瞬間的に動かして矯正する方法です。つぎに有名なのはガンステッドという背骨のレントゲン写真を撮り原因部分を探って、背骨の矯正を行うものです。パーマー系カイロプラクティック院ではこのガンステッド法を行っているところが多いです。
トムソン法といって独特のベッドを使って行うところもあります。また、オステオパシーという方法で筋肉神経、血液(動脈・静脈)、リンパなどに影響を与えるもの、ストレイン&カウンターストレインというテクニックや頭蓋オステオパシーを中心に緩める方法です。
東洋医学の経絡の影響を受けたアプライドキネシオロジー、金属製のアクティベータという器械を用いるものなどがあります。アメリカのカイロプラクティック院では現在この器械を用いる方法が多くなっています。日本のカイロプラクティックでもだんだんとソフトな方法を行うようになってきています。
カイロプラクティック院に行くときにはあらかじめどんな施術をするのか聞いておくといいかもしれませんね。

学校で技術を習得する


人の痛みや不具合を癒す仕事をしたい人もいることでしょう。カイロプラクティックや整体を教える学校は全国で多数あります。
カイロプラクティックや整体を教える学校もさまざまで、2年間ほどみっちり教えるところもあれば、2,3ヵ月で卒業とか、通信講座でOKというところもあるので、本格的に学びたい人はまず資料請求したり、電話で問い合わせたりするとか、また、卒業生の進路を調べたり、体験談を参考にしたり、インターネットで質問したりして詳しく調べてから入学するのがいいと思います。
カイロプラクティックも整体も民間療法で、資格を取るといっても民間資格なので、国家資格をどうしても取りたいという人は柔道整復師か鍼灸師になる学校を選んでもいいかもしれません。勉強熱心な人は東洋医学、指圧、タイマッサージなどにも興味を持っていくつも資格を持っている方もいますね。



健康維持